海外移住という将来

先日3日間という短い期間でしたが、日本からの青年がユーコンにお客さんとしてやって来てくれました。
お客さんとは言ってもいつもとは少し違い、将来極北に移住してガイドや写真家になりたいという希望を持った方です。今は26歳で日本の動物園で働いていますが、就職時に3年後に海外に行くために辞めるという条件で雇ってもらったようです。

P7131870.jpg P7142089.jpg P7120011.jpg P7131831.jpg

僕自身も高校時代から海外に住むという希望を持っていましたので、彼の気持ちはよくわかります。大学時代の留学や旅を経た後に、ユーコンにやって来たのは2004年で彼と同じ26歳でした。あれから14年。色々とありましたが、あっという間に時間は過ぎて行きました。

実際に海外に移住をするとなると、様々なハードルを超えていく必要があります。労働ビザや永住権取得したり、言葉を覚えて異文化に適応することが必要ですし、最初は収入的にも安定しない生活をすると同時に、こちらでの社会への適応や将来へのスキルを身につけていく必要があります。一つ一つを乗り越えていくのが移住というプロセスそのものですが、その真っ只中にいる時には色々と迷うものです。個人的には最初の3、4年は安定した仕事が見つからず、ガイドという季節労働やレストランでのアルバイトなどを繰り返していました。幸い言葉は留学経験があったので特別に困るということはなかったですが、細かい日常や仕事での表現などはこちらに来てから少しずつ覚えていきました。

今回の旅では白頭鷲の巣を一緒に撮影し、ユーコン川をカヌーで下って釣りをしたり、クルアニ国立公園でクマを探しに出かけたりしました。幸い白頭鷲の営巣の様子や川を泳いで渡るムース、国立公園での4頭のクマとの遭遇など、短い間でも中身の濃い体験ができたと思います。ドライブやカヌー中に、そして白夜のBBQや自宅のゲル訪問中にお話をする中で、移住やガイドや写真からの収入に関する希望や楽しみ、そして現実的な課題もお伝えしたつもりです。

P7141951.jpg IMG_5721.jpg 
P7131805.jpg P7141892.jpg


「日本という経済的にも恵まれた国で生まれ、やりたいと思ったことに挑戦できる環境はなかなかないし、条件が揃っているのだからトライしてみる価値はあると思う。個人的には色々やってきたけど全体的に楽しかったし、後悔していないよ。もちろんいいことばかりじゃないけどね(笑)」こんな内容を話したつもりでしたが、どんな形でお話を受け止めてくれたでしょうか。真剣に聞いてくれているR君の姿が印象的でした。

ユーコンの帰りにはアラスカに立ち寄り、また今の暮らしの東京に帰るR君。来年には移住する準備ができているそうです。今の日本では働き方や暮らし方に徐々に変化が出てきていますが、これからも自分の心の声を聞き、自分にあった多様な暮らしを選んでいく人が増えればと願っています。R君、こちらにきてくれてありがとう。そしてこれから頑張ってくださいね。

P7131835.jpg P7131845.jpg P7141981.jpg P7142070.jpg