Category [Dogsledding] Archive

現在犬ぞりレースのYukon Questが開催されていて、1600キロもの距離を犬14頭とマッシャー(犬ぞり操縦をする人)1人で走るレースです。1600キロと言えば日本で言うと青森から下関ほどまでの距離だそうで、コースのほとんどは人気のほとんどない原野の中で、山越えも4回行います。時には気温がマイナス40度やマイナス50度にもなることもありますので、長時間の野外での犬ぞり以前に寒さに対処する方法を知っておかなくてはいけません。こうした事実だけでもユーコンクエストが「世界一過酷な犬ぞりレース」と呼ばれているのもわかるような気がしますね。

P2157240.jpgP2060529.jpgP2157146.jpgP2130690.jpgP2070279.jpgP2070837.jpgP2081384.jpgP2060997.jpg

tNtは過去にYukon Questの大会を何度か追ってみましたが、観客として見ていてもそのドラマが伝わってきます。コースには10箇所ほどのチェックポイントがあり、小さな集落に行くと犬ぞりチームの姿を見ることができます。スタート時は14頭で走っていきますが、途中で犬の調子などがよくないと判断すると無理をせずにチェックポイントで置いて行きます。ハンドラーと言われるお手伝いさんたちがレースを追って行きますので、置いて行かれる犬たちは彼らのもとに預けられます。獣医さんやボランティアさんもチャックポイントで待機しており、犬の調子を見たり大会の運営を手伝ったりしたりしていますので、その様子を見るだけでもレースの雰囲気が味わえるでしょう。

チェックポイントに着いてもマッシャーたちは十分に休むことはありません。犬の餌やりや藁を敷いての寝床作り、自分のご飯を食べたりしているうちに時間はあっという間に過ぎていってしまいます。最後にマッシャーが睡眠をとりますが、短時間の仮眠をする場合がほとんどですので、レース中は常に睡魔と戦っている状態です。ユーコンクエストほどの長距離レースに出るには200万円から300万円ほどの資金がかかると言われており、秋から冬にかけての毎日のトレーニングに時間もかなりとられます。毎日40、50キロは走るチームもいますので、相当な量のトレーニングを積んでいることがわかります。おまけにトレーニング中は訓練が優先されますのでまともな仕事ができません。大抵のマッシャーたちは夏に稼ぎ、残りの季節はトレーニングやレースをしながら細々と暮らしている人がほとんどでしょう。もちろん稼いだお金のほとんどは犬の世話やレース資金へと消えて行きます。ユーコンクエストや優勝しても賞金と必要経費が同じぐらいですので、お金目当てで行なっているものではないことは明らかです。ではなぜこんなに大変なトレーニングをして、お金をたくさん使って寒い中を頑張って走って行くのでしょう?

Andrew Pace checking gear at Dawson Finish Line.jpg_DSC6749.jpg_DSC6799.jpg_DSC6331.jpg_DSC3399.jpg_DSC6368.jpg_DSC3790.jpg_DSC3788 copy.jpg

犬ぞりレースには極北の伝統とドラマがあるからではないのか。レースを何度か追っていてそう思いました。極北が外部の世界に大きく開かれたのは1898年のゴールドラッシュ以降で、それ以前は先住民や一部の白人しか住んでいないまさに秘境と言える大地でした。ゴールドラッシュが始まってからも、金があまり採取できなくなると人はいなくなり、本格的な近代化が始まったのは第2次世界対戦の時期です。アラスカハイウェイが戦時中に建設され、そこから車社会へと徐々に変わって行きましたが、それ以前は冬は犬ぞり、夏は蒸気船やカヌーや筏で川を下るのが主な移動手段でした。車がない時代は犬ぞりがないと物資を運ぶこともできませんでした。ノームというアラスカの集落で疫病が蔓延した際に、犬ぞりで血清を運んだのは極北では有名なお話です。犬ぞりは近代化と共にスノーモービルに変わっていき、伝統的な犬ぞり自体は生活の移動手段としての役割を終え、徐々にスポーツ化して行きました。今ではスポーツや趣味として犬ぞりを行なっている人がほとんどです。

P2060658.jpgP2050100.jpgP2042115.jpgP2060053.jpgP2040403.jpgP2040246.jpgdogsled photoback cover.jpgAllen Moore Team about to leave Dawson at night.jpg

ただ今でも極北の人々の中には、犬ぞりが極北の生活に果たしてきた役割の認識、そして厳しくも美しい原野を動物たちと走るロマンが残っているのだと思います。今でも極北には人の力が及ばない大自然が残っています。厳しい冬の原野に犬と共に挑みながら進んでいくという姿が、人々の感動を誘うのではないでしょうか。今年のレースはアラスカのフェアバンクスから出発し、ユーコンのホワイトホースでゴールします。今トップのマッシャーたちは、半分地点のドーソンへ向けて走っているところです。ユーコンクエストの大会のHPでも彼らの現在地や順位が分かったりしますので、興味のある方は覗いてみて下さい。

今年はtNtツアーとしてはレースを追いませんが、ゴールのホワイトホースでマッシャー達が入ってくる姿を別のツアーの参加者たちと観戦しに行く予定です。今年はtNtとしては初めて大会に合わせてセスナも飛ばす予定ですので、空の上から原野を走るマッシャー達も見ることができるでしょう。優勝者のホワイトホースでのゴールは2月12日の予定です。誰が優勝するのかは気になりますが、それ以上にマッシャーと犬達がベストを尽くした結果、無事にゴールする姿をみたいと思っています。(2019年のtNtユーコンクエストツアーはこちら

_DSC3337.jpg_DSC1488.jpg_DSC3241.jpg_DSC1472.jpg_DSC2245.jpg_DSC2337.jpg

Comments(0)

Dogsledding...Finally


Third week of January and finally there is enough snow on the trails close to our home to go dogsledding.


I hooked up my team of six dogs and said, "Okay. Let's go!"


Those three words set me free into a place I love to be - alone on the trails with just the dogs, the sled and me!


P1231320re.jpg

Comments(0)

今日は久々に我が家(のソリ犬たちと犬ぞりをしてきました。

森のゲルに住んで以来一緒に過ごしてきた大家さんの犬たちですが、今年で世話をして7年目となります。最初は20頭ほどいた犬たちが、だんだん年老いてきており、1頭亡くなり、また1頭亡くなり。。。気づけば今は13頭残るのみです。うちの犬たちは「寄せ集め集団」で、レース犬のように血統があるわけではありません。他のマッシャーがいらなくなった犬やシェルターから引き取られてきた、なにかしらの「事情のある犬」がほとんどです。昔は200,300キロものレースにも出た事があるようですが、今では1時間から3時間ほど走るのがちょうどよいぐらいになりました。

P1231375re.jpg P1231298.jpg

今日は庭にいる走れる子達の6頭を連れていくことに。ソリを引っ張り出し、ハーネスやブーティー(犬用の靴下)を履かせたりした後にようやく出発。真っ白に染まったトレイルを走っていきます。平日とあってかトレイルには他の誰もいません。気温はマイナス15度と犬ぞりをするには暑すぎず、寒すぎずのちょうど良い気温です。

犬たちにもそれぞれの性格や癖があるので、「どの子とどの子を一緒に繋ぎ、あの子とあの子は隣に繋いではだめ。。。」というような相性があります。走り方もまちまちで、マラソンランナーのように美しく走る子から、がに股で明らかにエネルギーを無駄にして走っている子まで、ソリから見ていて本当に面白いものです。今日連れていった子達の年齢は、若い子でも6、7歳、一番年をとった子は13、14歳といったところでしょうか。一番遅い子に合わせて休憩をとっていきますので、どうしてものんびりペースとなります。こちらも周りの景色を楽しみながら走りました。昇ってくる月を見たり、野生動物の足跡を探したりと、ソリの上からでも慣れてくるといろんなものが目に入ってくるものです。

P1231340re.jpg P1231352.jpg

犬ぞりはトラブルが起きるとやっかいなことになります。犬同士のけんかをして怪我をすることもありますし、ソリが木の根に引っかかると、ブレーキの一部が壊れて半分制御不能になったりもします。最悪なのがソリをこけそうになった時に、うっかりソリ自体を手放してしまうこと。そうなると「止まれ」と叫んでも犬たちは待ってくれず、どこかにひっかかるまでひたすら走り続けます。当然人間は原野に置いてきぼり状態になることになります。携帯の通じるところならいいですが、圏外ならひとりでひたすら何キロも歩いて探さなければいけません。今まで何度かそういう目に遭いましたが。。。犬ぞりでは問題を避けるためにも、楽しみながら常に犬や周囲の状況に注意を払っていなければいけないものです。

P1231391.jpg P1231293.jpg

今日はほぼ何事もなく終ることができました。時間をみると出発してから1時間と40分。日の短い極北の冬には、夕方になると周りは既に暗くなり始めています。走り終った犬たちを1頭ずつマッサージして、ハーネスを外し、ソリを片付け、犬の糞の掃除をして今日は終わり。美しい光景を見ながらの楽しい一日となりました。ユーコンに旅行にくる方にも人気のアクティビティーですが、動物と走るというのは本当にいいものです。こちらにこられたら是非どうぞお試しあれ!

Comments(0)

Brent Sass was the second musher to reach Carmacks at around 1:00 this afternoon.


While waiting for mushers to come in and leave the Carmacks check point, I spoke to Brent Sass' father, Mark, about his mushing son's life.


Thumbnail image for brent dogs re.jpgThumbnail image for brent b&w re.jpg














Mark told me that Brent grew up in the lower 48, and since he was 12, he wanted to go to Alaska. He finally fulfilled his wish when he turned 18. He finished a few years of college and cross country skied competitively. Brent loved the outdoors and spent a lot of his time camping, hunting and fishing. When he saw others mushing dogs, he knew that is what he wanted to pursue.


And pursue it he has. Brent, has been racing for thirteen years. When he is not racing, he runs an adventure business with the help of his father and a couple of friends who are also his dog handlers. His dogs are used to pack gear and pull Norwegians and other folks into the extreme wilds of Alaska on one month tours.


After Brent's mandatory lay over of four hours in Carmacks, we, along with his greatest fan and supporter Mr. Mark Sass, and many others went to see him off.


As Brent lifted his snow hook and was given the okay to leave the checkpoint, his 14 furry friends began to pull him away from the exhaust filled parking lot. Brent yelled out 'Wild and Free Baby'. It didn't seem necessary to ask his father what Brent's catchy motto meant.


The way he lives his life said it all.


Wild and free baby.


Wild and free.


You can check out his website at wildandfreealaska.com


Thumbnail image for P2050137.jpgThumbnail image for _DSC6031.jpg



Comments(0)

  • 1